護衛艦「いずも」に米海兵隊F-35Bが初めて発着艦

防衛省は5日、「空母化」に向けて改修中のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に、最新鋭ステルス戦闘機F35Bが発着艦できるかを確認するため、3日に四国沖で検証作業を行ったと発表した。

 検証には米海兵隊が協力してF35Bを飛ばし、実際にいずもに発着艦した。海上自衛隊の艦艇にF35Bが発着艦するのは今回が初めてで、岸信夫防衛相は5日の記者会見で「日米の相互運用性の向上に資するものだ」と強調した。山村浩海上幕僚長も会見で、空母化が日米の連携強化につながるとの認識を示した。

 検証では、F35Bが発着する際の熱が甲板に与える影響や音を計測。熱に耐えるための甲板の耐熱化といった改修は同型艦「かが」でも実施している。いずもは令和6年度末から2段階目として艦首の形状を四角形に変えるなどの作業に入る。

#いずも#F35B#護衛艦#かが#Izumo#Kaga#海上自衛隊#自衛隊#防衛省

You May Also Like