車2台 激しく衝突 自転車も… 見通しの良い直線道路でなぜ ドラレコに事故の瞬間

見通しの良い直線道路で、車2台と自転車が絡む多重事故が発生した。

激しい衝突の瞬間を目撃者が語った。

車の後方を映したドライブレコーダーが、多重事故の瞬間をとらえていた。

黒い車の後ろを走る白い車。

次の瞬間、突然、白い車が対向車線にはみ出し、向かってきた車と正面衝突した。

巻き込まれたのは、この車だけではない。

ぶつかる前から映像を見返してみると、車道を走る1台の自転車が確認できる。

実は、この自転車も対向車と衝突したはずみで後方へと動く白い車と衝突。

その衝撃で、自転車は、歩道に倒れ込んだ。

予期せぬ多重事故は、4日の午後5時すぎ、千葉・船橋市内の見通しの良い直線道路で起きた。

現場には、破損した車の部品とみられるガラス片などが散乱。

住民の1人は、事故直後の現場を目撃していた。

目撃者「車の後ろに、ここに自転車。(自転車に乗った)女の人は、そこに座っていた。車の下になっていたね。ちょうどこの辺」、「(自転車が)全部じゃないけどね、一部ね」

この男性によると、自転車に乗っていたのは女性。

自転車の一部は、車の下敷きになっていたという。

事故をとらえたドライブレコーダー映像の提供者は、「たまたま今回は、対向車線の方に車がはみ出た形でしたけど、一歩間違ったら追突されたかもしれませんし、(車に)子ども乗っていたので、もし(事故に)なっていたらと考えると非常に怖いなと」と話す。

警察は、事故の原因をくわしく調べている。

FNNプライムオンライン

https://world wide web.fnn.jp/

You May Also Like